ーDuroジムブログー

Duroジムの日常風景やスタッフからのお知らせを、ご紹介しています。

ジムの楽しい雰囲気などを体感していただければと思います。

Original

キックボクシングとダイエット3

筋トレをして、痩せやすくなったとしても 突然痩せるわけではありません。

ダイエットは、食事から取り入れる摂取エネルギーと、消費エネルギーとのバランスを考えることが一番簡単です。


摂取エネルギー 〉 消費エネルギー  太る

摂取エネルギー = 消費エネルギー  現状維持

摂取エネルギー 〈  消費エネルギー  痩せる


ただ、摂取エネルギーをゼロにする=食べない わけにもいかないので

摂取エネルギーよりも消費エネルギーを多くする必要が出てくるのですが、

それには基礎代謝を上げることと、プラス運動が必要になってきます。


ここで前回説明を省いた基礎代謝の出番です。

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動(内臓を動かしたり体温を維持するなど)に使われるエネルギー。


運動しなくても使われるエネルギーが多いということは

基礎代謝が低い人と1日の運動量が同じだとしても、消費エネルギーが多くなるということです。


基礎代謝を上げるには、筋量が多いほうがいいと前回書きました。


では「プラス運動」の部分で、脂肪燃焼しやすい運動はどんなものかというと

有酸素運動が有効といわれています。


やっと、やっとキックボクシングの話をする時がきました。ここまで長かった!笑


キックボクシングは全身を使います。すると自然と筋量が増えます。基礎代謝量が上がります。

シャドーボクシング、サンドバッグを打つ動き、ミット打ちなど、基本的に有酸素運動に分類されます。


思い出してください。

基礎代謝量が上がる→消費エネルギーが増えるし、脂肪燃焼しやすくなる

有酸素運動をする→脂肪燃焼しやすくなる

つまり

キックボクシングを続ける→痩せる

そういうことです。


ちなみにキックボクシングには興味があるけど痩せたくない人は?

消費する以上のエネルギーを摂取すれば問題ありません。笑


ダイエットの仕組みと、キックボクシングで痩せられる理由。

おわかりいただけたでしょうか?


夏に向けてキックボクシング、始めてみませんか??

DUROジムがあなたの目標達成をお手伝いします♪♪

体験レッスンお申込みはこちらから!

​​​​​​​https://1duro.com/contact-2